2017年1月12日 入笠山 登山(日帰り)

2017年1月12日 入笠山 登山(日帰り)

12月下旬。

初めての雪山を登山を硫黄岳で行い、見事に敗北しました。笑

あの時は登山でも職場でも先輩ある人とついて行ったから

いろいろ教えてもらながら行けたけど、

今回は初めての一人での雪間登山。

雪山初心者でも登れるという「入笠山」

をターゲットにしました。

富士見パノラマリゾートというスキー場の駐車場(無料)に車を止めて

ロープウェイで登山口まで登って行きます。

ロープウェイ降りた直後から雪山らしい景色。

しかも一気に1800メートルくらいまであげてくれます。

そして向かいには雪で染まった八ヶ岳が広がっていてすごいいい景色でした!

いつか普通にスノースポーツをするt前

にここのスキー場に来たい

ロープウェイを出て左に登山口があります。

この入り口で、アイゼンをつける人。スノーシューをつける人がいましたが、

雪質は深すぎないふかふかだったので、自分はなにもつけず出発。

朝早いのもあって、雪山の静寂はいいね。

雪山初級だけあって、きつい坂はほとんどなく山彦荘

この辺りから雪も少しずつ深くなってきたのと、

あえて少しルートをそれてみて、自分の足跡をつけたくなったので

スノーシューを装着させました!

ふかふかの雪を歩くも気持ちいい。

また、スノーシューだと独特な歩きができて、雪遊びしてる感がいい。

こんな雪遊びをしているとマナスル山荘近くのスロープ

 夏にはスズランが広がる草原となるらしい。

その景色もいつかみてみたい。

ここのスロープはより雪がふかふかでスノーシューが大活躍。

このスポープを抜けてしまえば、もう山頂への登り1本!

山頂目掛けて登っているときにふと雪を見てみると、

なんか変わった結晶のような雪がたくさんあった!

自分はこういうのはじめてみた!!

こういう小さな景色に関心しているうちに

山頂に到着!!

 標高は2000メートル行かないが、

山頂には360度のパノラマの世界が広がっていました。

中央アルプス・八ヶ岳を見渡すことのできる大絶景。

この日。本当は山頂でご飯食べたかったんだけど、風が強すぎて、泣く泣く断念。

少し長めに山頂で景色を堪能していました。

今回の登山はすべてスノーシューで登ることができました。

前評判通り初心者にとっては優しい登山になりました!

■参考図書

PEAKS特別編集 秋から冬の山詳細ルートガイド (エイムック 3207)

山と高原地図 北岳・甲斐駒 2015 (登山地図 | マップル)