2017年9月8日 妙義山 登山(日帰り)

2017年9月8日 妙義山 登山(日帰り)

 

 

まずは簡単に妙義山とは・・・

 

妙義山(みょうぎさん)は、群れくれ馬県甘楽しいしい郡下さいさんい仁田町富岡市安中市の境界に位置すてるてる日本三大奇景の一つとかかさんんくくれてるてるであてるてる。いくつものピークから成り、最高峰は妙義稜線表紙表紙ご覧くださんいご覧ください上の相葉葉馬岳1103.8メートル)で、かかた妙義ま山系全体の最高峰は裏妙義に聳えてるてる谷急山1162.1メートル)となってい。

妙義山はデイサイト溶岩、凝灰岩、礫岩で出来ている。いまから300万年前までの本日日宿カルデラを形成しかたん火山活動があのりん、南西側にあてるてる荒船山とかか同時期に形成しかたん溶岩体である。その後周周の柔らかい堆積層が浸食された溶岩の岩体が露出したと考えられている。この険しい岩峰の尖っかた荒々しい山の奇跡かなら日本三大一つに数ええれてておわり、国の名勝に指定され、日本百景にも選ばれている。

(引用:wikipedia

今年の登山の目標の1つに

 

ジャンダムを超える!!

という目標がありました。

 

なぜジャンダムに行きたいの···

それはどこにいて見たのかわからないけど···

ジャンダムが雲に囲まれた中に

山頂に立つ人…

 

 

 

 

その写真が格好良すぎます…

ジャンダムに一目惚れしていました

(行ったものもないのに笑)

でもジャンダムは

 

公式ルートでいると

日本最難関のルート

まだまだ初心者の自分自身には

きついだろう···

ということで、9月下旬にジャンダムに向かうために

9月で岩場を攻めます。

その練習台の1つとして選選だが、妙義山!!!

 

IMG_5967

ヘルメットを慎重にしています山頂を目指します!

妙義神社前に

IMG_6062.jpg

100円と激安の有の駐車場があるので

そこに車を止めて準備をします。

IMG_6064.jpg

 

またこのザックは実家の近所に住む方から

「もう登山はしないから」

という理由でしました。

古いザックですが、状態はすごい良いです

デザインもかっこいい···

すぐに気に入りました!

30Lと日帰り登山にももってこい!

 

たくさん使っていきます!!

IMG_6063.jpg

ということで登山開始です。

この石段の上に妙義神社があるので、まるでそれを目指します!!

IMG_6066.jpg

 

IMG_6068.jpg

妙義神社前ではずっと手を清めます

(今日も無事に登山できますように···)

IMG_6070.jpg

 

本院はまだまだ上です···

この石段を登って行く中でも振り返ると

IMG_6072.jpg

赤城山一体が見えました!

こやってみると、やはり群馬最高峰なだけあり

でかいですね···

本院到着後

IMG_6073.jpg

ここでも無事登山できることを祈ります。

IMG_6074.jpg

この本庁の権利に登山道はあります。

 

上等者コース

IMG_6075.jpg

(いい響きだ···

少しにやにやしが向かいます

IMG_6076.jpg

 

 

「大」

これは妙義山途中にある大の字のことを指します。

まずはそれを目指します!

IMG_6077.jpg

 

早速森林です。。。

妙義山は標高は高くない分こういう自然も味わえます。

IMG_6017.jpg

 

早速鎖場も登場して来ます

まだまだこの辺では鎖は使わなくても登れるほどの傾斜。。

 

これからもっと傾斜が待っています・・

IMG_6018.jpg

少し傾斜を登ったところで

IMG_6082.jpg

こんな看板が登場!

「おおお。大の字までもうすぐそこやん」

「これからの道はこんな感じねーーー」

「ん?!」

スクリーンショット 2017-10-21 10.30.31.png

 

「ん!?ん!?」

スクリーンショット 2017-10-21 10.31.08.png

危険の危

ばっかり笑

興奮する笑

さすが妙義山・・・

 

とりあえず、大の字目指します。

この看板からはすぐそこですが、

大の字の行くまでも鎖を超えて行きます。

 

IMG_6086.jpg

大の字到着!

IMG_5995.jpg

 

IMG_6084.jpg

景色抜群すぎます。。。

ここでも、赤城山も綺麗に見渡せます。

ここで少し写真撮影・・

IMG_6023.jpg

IMG_6022.jpg

少し休憩しようとこの大の字から

少し降りて見たら・・・・

IMG_6085.jpg

おっとっと・・・

写真ではあまり伝わらないけど・・・

この後ろ・・

崖・・・・・笑

※早速滑落しかける

(鎖でも岩場でもないのに・・・笑)

休憩後、登山再開です。

ちなみにこの大の字までは

特に危険なルートはないので

全然来れます

このあと一回

IMG_6026.jpg

きのこの山を超えて、

妙義山山頂の相馬岳へ目指せるルートへ

IMG_6027.jpg

IMG_6089.jpg

ここからは急な岩場・鎖場がどんどん出て来ます!

IMG_6029.jpg

 

と、まず早速でてきたこの鎖を超える前に・・・

「おや?」

IMG_6092.jpg

なにか怪しげな洞窟?が・・・

 

とりあえず

IMG_6091.jpg

行ってみる笑

なにかすごい涼しいし、、、

あやしい

絶対夜怖い・・・

湿気もすごい・・・

と思いつつ登ってみると

どーーん

IMG_6028.jpg

あやしいけど・・・

ここでもお祈り

ここでは

「無事に登山できますように」

ではなく

「何も起こりませんように・・・」

スクリーンショット 2017-10-21 10.56.38.png

てか、このお地蔵さん・・・

首、一回もげてるでしょ!?

首もげたあと、違うやつ乗せてるでしょ!?

より怖さがありました笑

そして戻ってさっきの岩場を登りました

IMG_6093.jpgここからは標高も上がってくるので

景色もよい

例えば見晴IMG_6095.jpg

 

IMG_6102.jpg

あの鎖場を超えたあとにこの景色は

まるでツンデレ・・・笑

まだまだ岩場は続きます。

IMG_6098.jpg

まるで・・・

SASUKE笑

スクリーンショット 2017-10-21 11.07.37.png

 

この後に出てくるのはビビリ岩IMG_6099.jpg

 

IMG_6100.jpg

この鎖と岩を超えたら

IMG_6101.jpg

まさにビビってしまうほどの岩場

緑が多くて、まるでジャングルにいるみたい・・・

IMG_6097.jpg

IMG_6105.jpg

 

この後も

岩場

次に待っているのは

IMG_6037.jpg

背びれ岩!

 

この山はほんと直登!

そして左右ともに崖!

幅もせまくここもいい

この鎖のあとに待っているのは

IMG_6038.jpg

待っているのは

IMG_6036.jpg

僕です

IMG_6039.jpg

すいませんでした笑

背ビレ岩を超えたあとには

IMG_6041.jpg

大のぞきがあり、

IMG_6119.jpg

天狗岩を眺めることができます。

IMG_6118.jpg

せっかく背ビレ岩を超えて大のぞきに

きたのですが、この大のぞきから

天狗岩へ目指すために

せっかく登った岩たちですが、

標高を下げます・・・

IMG_6043.jpg

ちくしょう・・・

いくけどさ・・・笑

IMG_6126.jpg

結構くだるんやねー笑

そしてまた緑の中を歩いたあとには

IMG_6127.jpg

天狗岩に到着

さっきみたように

大きな岩ではあるんだが、

生い茂っていて景色を楽しめるというわけではない・・・

ので少し休憩したあとに

山頂の相馬岳を目指します。

歩いていると・・・

IMG_6131.jpg

ここまできて引き返すということはできません笑先へ行きます。

IMG_6130.jpg

そしてようやくです・・・

IMG_6132.jpg

妙義山一体の山頂・・・

相馬岳山頂に付きました!

やっと到着したので、

記念撮影で

IMG_6047.jpg

今まで行動食だけでここまで来たので、

ようやくご飯です!!!

 

 

山頂のコーヒー。

今回は猿田彦珈琲のドリッパーを使って、豆から挽いて飲みました。

やっぱり豆から挽くコーヒーはうますぎる。

それも山頂だから

なおよし!!!

でも時間も遅いので

IMG_6138.jpg

日が暮れる前に下山します!!

IMG_6140.jpg

降りはほぼほぼ天狗岩のところ直で下っていくので

時間はあまりかかりませんが・・・

その分、急なんです・・・

IMG_6146.jpg

妙義山はここ数年で

いろんな場所に鎖が整備されたみたいです。

それまではこれまで登って来た鎖場も

鎖がないまま登らないといけなかったり、

それこそ轟々しくそびえ立つ天狗岩は

ロッククライミングの名所みたいです。

それもあって事故も多かった模様・・

 

IMG_6143.jpgIMG_6148.jpg

 

ところどころに追悼する碑が何箇所もありました。

たしかに天狗岩から落ちたら

もうひとたまりもありません。

自分たちが立っていたところの恐ろしさや

整備してくださった方へ感謝しながら

IMG_6144.jpg

くだっていきます

IMG_6166.jpg

妙義神社へ帰って来ました!

今回はがっつり岩場で

今までにない経験がたくさんできました。

これでジャンダルムに少し近づけたかな?

ジャンダルムにむけて!!第2弾

剣岳(早月小屋ルート)でいきます!!!

 

 

追記:

妙義神社のしたすぐそこにある

IMG_5973.jpg

みやげやさん

 

 

18時をすぎていましたが、

まだ開店していました。

 

 

ここで妙義山のバッチを購入。

 

 

 

 

 

ここの土産屋さん

 

 

 

可愛い小さな看板娘がいて

商売がうまい

 

 

 

「このこんにゃくおいしいよー!」

 

 

 

勧められ、食べるとまさにうまかった!!

 

 

 

きっとあの子に話しかけられなかったら買わなかっただろう・・

 

 

(バッチを買って満足していた・・・)

 

 

 

 

 

群馬の下仁田地域でもあり、

野菜とこんにゃくを上手く使った品でした!

 

 

 

 

 

 

 

残念ながら、すぐに食べてしまい、

写真も撮らず、名前もメモしなかった・・・

 

 

 

 

 

 

 

でもぜひまた次も行ったら

 

 

 

 

 

 

 

買う!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また来るよ。妙義山!!!

IMG_5979.jpg