2018年3月10日 月山 登山・山スキー(日帰り)

2018年3月10日 月山 登山・山スキー(日帰り)

今回は山スキー初級編としてでもよく取り上げられている山形の百名山、月山へ。

月山スキー場は7月になってもまだスキー場がオープンしており、

夏スキーができることでも有名です。

(そもそもオープンが4月っていう。。)

それだけ豪雪地帯なんだろうな。

 

オープンしてから行っても面白くない!!

ということで、オープンする前。

除雪もまだ完了してない中、月山を目指します。

立山の室堂までは行きませんが、

雪の谷ができていました。

ここの道がすごい滑るので、

2駆のCX-3はスタッドレスはもちろん装着していましたが、

つるんつるん滑って、恐怖でした。

(一回思いっきり滑って、氷の壁にぶち当たりそうになる・・・笑)

 

アクセスは

六十里越街道を進んで行きますが、

除雪が進んでいるところまで進みます。

僕が行った日にはこのピンのおいてある少し手前が最終除雪地点でした。

 

3月のまだ除雪が完了していないため、

ネットや地域に電話して、最終除雪地点を確認します。

 

ちなみに地図にピンが置いてある地点は

こんな感じで雪がつもりすぎて、道路標識の高さに来れます笑。

 

スキーの板を立てかけると高さがわかります。

ちなみにスキー板は160cmくらいです。

今回のコース

赤は登り

青は滑走

 

道路標識の地点から月山スキー場まで、

本来の登山道と、登りやすそうな傾斜をスマホのGPSアプリで

自分のいる場所を確認しながら進んで行きます。

 

スマホアプリのジオグラフィカを使用しました。

月山に登るのは今回が初めてでもあるので、

慣れない道とパウダースノーに手こずりながら登って行きます。

人っ子一人にも合わずに進んで行きました。

迷わないように、ルートを確認します。

それに必死だったのか、この辺の写真は全くなし。笑

まーでも、そんな景色もなかったしな。。。笑

 

そして月山スキー場付近のロッジ街へ到着!

本来のロッジかしわや

きっとシーズン中はたくさんの人で賑わっているんだろうが

この日は・・・

この有様・・・笑

どこか廃墟の街に来たかのような感じです。

すごい寂しさとすこしの怖さ。

この二つの感情が雪山の凄みというか面白み。。。

こんな景色普通じゃなかなかない。

ここに人が誰もいないのが大事!!笑

途中晴れ間も見えて来ましたが、基本的にこの日は曇り・・・

時折雪が降ることもありました。

 

そしてそのロッジ街の少し先に

月山スキー場のリフト乗り場がありました!

 

もちろんリフトが動いているわけでもないため、

ゲレンデ部分を登って行きます。

もともとリフトの高さがどの程度なのかはわかりませんが、

この日は雪が積もり過ぎて、リフトのワイヤーに手が届くほど

 

ここからは少し風が強いのか下はアイスバーンになっており

アイスバーンとゲレンデの傾斜でスキーシールでは登ることができず。

板を担いで登って行きます。

リフトを目印にしながら方向を確認していきます。

リフトから目を話してしまうと、

視界不良のため、迷子になってしまいそうです。

 

そしてリフト上駅へ到着!

ここも本来であれば、休憩所があり、

スキー客や登山客で賑わうはずが・・・

この有様です。

僕しかいません。

ここで少しだけ休憩し、先へ進みます。

 

ここから先は稜線に近い感じです!

少し風も強くなって来ます!

風が強くなったことで、ホワイトアウトもありました!

しかし、以前に-30度、風速20メートルの中のホワイトアウトを味わっているため

それに比べれば、余裕!!!

というより、全然怖さがない!!

20160124 宝剣岳-木曽駒ケ岳断念 登山(日帰り・ソロ)

この素人的な考えがダメなのかもしれませんが、

でも自分でもびっくりするくらい行ける感じしかしなかったので進みました!

一人でホワイトアウトの中進むなんて本当にバカなんだろうなって思いました。笑

 

「よし!進むぞ!!」

 

「よし!だいぶ進んで来たな!!!」

 

「よし!後少しだ!!!!」

 

「よし!山頂についた!!!!!」

「ん!?山頂!?!?」

全部同じ写真ではありません。笑

何度も言いますが、月山には初めて登って来るため

山頂の標識があるもんかと思っておりました。

実際にはあるのかもしれません。

もしかしたら雪で埋まっているのかもしれません。

でも全く見えないので、山頂に着いた感じが一切しなかった・・・笑

GPS上でも多少のズレはあるにしろほぼ山頂にいることは間違いなさそう・・・

 

こんな景色の中をずっといてもしょうがいないので、降ります。

降りは一応スキーを装着しましたが、GPSで方向を確認しながらなので、

滑走!といよりもゆっくり降っている感じ・・・

それでも歩くよりは格段に早く進みました。

 

そしてリフト上駅にある休憩所に到着!

こんな標識あったんだ・・・って感じ。

山頂にもこんなのがあるものなのかなー?

 

ここから先はちゃんとした滑走開始!

リフトがあるため、視界をある程度確認できる!

 

思いっきり滑走です!!!

スキー場を過ぎ、再びロッジ街へ。

しかし、楽しくて気持ちよくてたまらないため、止まることなく滑走!

 

ゆえにどうなるか・・・・・

い、行きすぎた・・・笑

あやうく四ッ谷川に合流するところでした・・・

四ッ谷川にいく方は小さなクレパスもたくさんあったので

最高に楽しそうだったのですが、

さすがに初見でそこに行く勇気はなく、、、

ツボ足で戻ります。笑

 

ここからは最高のパウダースノーが待っており、

一気に滑走!

途中、野うさぎにも遭遇!!

初めて山の中でうさぎに会いました!

 

そして、あの道路標識まで戻って来ました。笑

 

ここまで戻って来ると、人がたくさんいました。

しかし、みんなは月山に向かわず、となりにある湯殿山へ。

そこでも山スキーするのが有名らしい。。。(知らなかった・・・)

 

 

今回は冬の寂しさと怖さをほどよく感じれて最高に充実した山行になりました。

あの行き過ぎた時に、四ッ谷川の方にいってたらどうなっていたのかな?

って楽しみがあるので、今度詳細にちゃんとルートとして行けるのか調べてみよう!!

 

 

また来るよ!月山!!