2018年10月30日 阿弥陀岳〜赤岳 登山(日帰り)

2018年10月30日 阿弥陀岳〜赤岳 登山(日帰り)

去年のちょうど同じ時期には

北アルプスの唐松岳に登って、

10月なのにホワイトアウトに合う珍事件にあっていました。

20171025 唐松岳 登山(日帰り・ペア)

山の中ではもう冬です。

 

ようやく、雪のシーズンになっていたので、

雪が待ち遠しく、思ってます。

今回の冬で、厳冬期の阿弥陀岳に登ってみたい!という願望があるので

下見するという目的で、今回阿弥陀岳〜赤岳に行って来ました。

(冬の南陵で阿弥陀岳に行く勇気はまだありません。笑)

今回は北陵から攻めます。

赤岳山荘

深夜に赤岳山荘に到着!

完全なるオフロードをCX-3で挑戦!!

前回登った時もですが、やはり、車の下のボディを擦りました。。。

(車高が低い車は登山口にある八ヶ岳山荘に車を止めて、ここまで歩いて来ます。)

 

料金は1000円かかります。

しかし、深夜では小屋もやってないので、僕らは下山時に払うことに。

美濃戸山荘

深夜の美濃戸山荘

美濃戸山荘は今シーズンの営業はすでに終わってました。

(八ヶ岳の看板)

ここで北沢と南沢で分かれるのですが、

冬では基本的に南沢は閉鎖されているみたいなので、

冬を想定し、北沢から僕らは登ります。

台風24号の影響もあって、新道にかなり影響を及ぼしたらしく

今はつかないみたいなので、旧道を進んでいきます。

 

まだまだ道は暗く、ヘッドライトをつけながら進んでいきます。

時折、雪がちらほらとも降って来ました。

(いい時期になってきてますね笑)

ここの旧道はいい感じに霧もあって、

まるで、僕の大好きな映画スターウォーズの惑星ダゴバに来ているようでした。

(一人でずっと興奮。)

赤岳鉱泉

赤岳鉱泉に到着しました。

午後には晴れる予報みたいですが、早朝はまだまだガスの中です。

冬にむけて、アイスキャンデーを作っているみたいで、

こんなに大きかったっけ?って思ってしまうほどデカかったです!

冬に来る時には、アイスキャンディもぜひやっていこ!

(アイスキャンディ:アイスクライミングできるジムのこと)

少し休憩し、行者小屋へ

行者小屋

屋根にはうっすらと雪が付いていました。

いざ阿弥陀岳へ!!!!!

ここからの分岐で阿弥陀岳には

冬は雪崩スポットらしくいけないらしい。

となると、冬には、赤岳からのアクセスになるのかな?

「いや!!でもまず道を知ることが大事だ!!進め!!!」

ということで、この分岐から阿弥陀岳へ。

登りがすごい急登かな?って思ったのですが、

意外とそうでもなかった。

樹氷はびっちりついていて、晴れていたらどれだけ綺麗なんだろうって思いながら進みました。

中岳と阿弥陀岳の分岐に到着!

風が強いとも予報であって、稜線に出たら、どれだけ風強いかな?

って思ってたのですが、、、、、。

 

ほぼ無風。笑

 

阿弥陀岳へ目指します。

ここからはさすが!と言わんばかりの岩場!

岩は凍っている+不安定な石が多い。

故に興奮!!!!!

慎重に楽しんで登っていきます。

途中、出て来た岩がすごく母さんが作る唐揚げみたいで笑いました。

阿弥陀岳山頂

山頂に来ると、さすがに風が少し強かった!

雪山の視察で来るつもりが、

すでに雪山。笑

いいんです!!僕らが楽しみたいのは!!

厳冬期なので!!!

完全な冬が楽しみです。

山頂の記念撮影。

阿弥陀ポーズで。笑

二人ともしっかり変顔してました。笑

 

中岳を経由し、赤岳へ目指します。

中岳では綺麗な稜線なのですが、

霧がすごく、絶景はなし!!

「ああ。ここはどんなに綺麗なんだろうか。」

って話ながら、ただただ歩く。

 

文三郎道との分岐の合流地点あたりで爆風に遭遇。

冬ってこういうのも、楽しいと感じてしまうのがいい。

そして山頂への分岐へ。

ラストスパートです。

この時くらいから次第に明るくなってきて、

晴れるかな??と期待!!

いやー。海老の尻尾まみれ。笑

冬最高!!!!!

雲も、少しずつ過ぎ去って行って

陽の光がちらほらと出て来たり、

青い空が見えて来たり!!!

それと同時に僕らのテンションは爆上がり!!!!!

赤岳山頂

赤岳山頂へ到着!

(なぜかここでも阿弥陀ポーズ。笑)

 

ちょうどいいタイミングで晴れが出て来てくれたので、

もう最高!としか言葉が出なかった。

僕らの声のボリュームもかなり上がってたはず。笑

(もっと晴れてくれないかな〜)

晴れ間を待つ間

赤岳山頂小屋で少し休憩

若干、晴れ間は見えるも、またすぐ雲がかかってしまう。。。

仕方ない。次は赤岳展望荘まで行ってみよう。。。

展望荘へ向かっている途中に少しずつ晴れが見えてきた!!

もう下の紅葉や、街も見えるほど!

でもまだ、赤岳方面はガスガスだった。

一瞬の晴れで取れた樹氷。

サンゴ礁みたいですごい綺麗だった!

赤岳天望荘

湯を沸かすくらいだった小屋の中でやっていいよ。

というなんという有難き、ご好意に甘えさせていただき、

天望荘のあったかい中で、昼食。

30分ほど休憩。

 

そして下山開始します。

「よし!!いくぞ!!!」

と気合いを入れて前を向いたら・・・

なんやこの絶景は!!!!!

半分、雪で、半分、紅葉

この時期ならではの景色!

またしてもここで興奮しまくり。

ほんと言葉足らずなんだけど、

まじで綺麗だった。

綺麗以外の言葉が見つけられなかった。

地蔵峠

地蔵峠に到着。

向こう側はあんなに晴れているのに、なぜ八ヶ岳は曇っているんだい!

と思いながら、これだけ八ヶ岳の大きさや自然の不思議さを実感。

急な下りが続くので、慎重に下山。

下山途中に見えた横岳がすごい綺麗だった!

横岳はただの見た感じだけどバリエーションルートがいろいろできて、楽しそう!

赤岳には3回登って来ているのに、横岳にはまだ1回も行ったことないので、

ぜひいつか行って見たいな。

赤岳鉱泉を過ぎ、標高も下がって行くと、天気は晴れてきて

紅葉もしっかりと見えて来た。

真っ暗の中歩いていた道はこんなに綺麗だったんだ。

下山

今回は冬と秋のちょうど間くらいで、その時期ならではの景色が見れて最高だった。

また、冬の厳しさも久しぶりに実感できて楽しかった。

また厳冬期にここに来れると思うと、今からわくわく!

 

 

また来るよ!阿弥陀岳!!

八ヶ岳カテゴリの最新記事