2018年11月10日 甲武信ヶ岳 登山(日帰り)

2018年11月10日 甲武信ヶ岳 登山(日帰り)

今回は埼玉県・山梨県・長野県の3県の県境。

埼玉県では最高峰の山。甲武信ヶ岳へ行ってきました。

夜には友達とご飯を食べに行く予定があったので、

今回は甲武信ヶ岳を日帰りでいけるコース毛気平登山口からのアクセスです。

毛気平登山口

深夜のうちに駐車場へ到着

深夜であったが、さすが土曜日。

すでに何台も車がいました。

早く東京に帰りたいとはいえ、暗い道の中を歩くのはやはり危険。

このルートは苔がたくさんあるとも有名なので、夜明けを待ちます。

時間潰しのためにコンビニで買った週刊スピリッツを読みます。

登山開始

そして6時ごろになって世が明けたので登山開始!

6時にもなると車の台数は徐々に増え、すでに満車に近い状態。

さすが百名山。

行きはナメ滝を経由する沢と苔を堪能できるコース

沢の流れる音と、苔から湧き出るマイナスイオンに癒されます。

ヘッドライトをつけるほどではありませんが、

まだ太陽は出ていても、沢なので、太陽の光は入ってこず。

少しひんやりとしながら登って行きます。

ここのルートは登りが全然急でないので、ハイキングにも最適かな?

全然苦労することなく先へ進むことができます。

ナメ滝

ナメ滝に到着。

何度か試したのだが、全然うまく撮れない。笑

ただめちゃくちゃ綺麗で少しここで休憩。

沢に自分一人で疲れもぶっ飛びます。

うまく撮るには三脚が必要だったかな?

ナメ滝をすぎたあたりから、ここの沢にも

太陽の光が入って来るようになりました!

朝の霜のかかった草木に太陽の光があたると一層綺麗になりますね。

そんな綺麗な景色ばかりなので、ついつい何度も足を止めてはシャッターを切ってしまいます。

少しずつ進んで行きます。

千曲川・信濃川水源地評間近でやっと人一人発見!

そういえばあんなに車があったのに全然人がいない。。。笑

まーこんなに朝早くから出発する人なんていうのもいないのだろう。

甲武信ヶ岳山頂はいくつかアクセスすることができ、

小屋泊やテント泊でアクセスのがおすすめな山なのです。

千曲川・信濃川水源地評

千曲川・信濃川水源地評までやってきたら

ここからやっとちゃんとした登りがやってきます。

ちゃんとした登りといっても、全然長くなくあっとい言う間に

銃走路出合までやってきます。

ここまでくれば山頂まではもうほんの少し!

山頂直下です。

太陽の光がガンガンにあって、山頂方面を見ることができません。笑

甲武信ヶ岳山頂

山頂に到着です!

山頂には数名すでに人がいました。

天気もよく、金峰山や瑞牆山の方面や秩父方面。

(金峰山方面)

八ヶ岳や南アルプスを見渡すことができたのですが、

富士山だけどうしても雲が被ってしまい、見ることができず。。。

 

とりあえず山頂についたので、ご飯にします。

今回はメスティンで炊いたご飯にレトルトカレーをどっぷり。

それにコーヒー。最高のモーニングです。笑

思っていた以上に早くに山頂にすることができたので、

山頂でゆっくり過ごしていたのと、

下山をきた道を戻るのではなく、十文字小屋方面へいけそうなことが発覚笑。

ならば行くでしょ!!

 

ということで出発

三宝山を経て、十文字小屋を目指します。

三宝山

甲武信ヶ岳の山頂を出発してすぐに三宝山の山頂

ここで景色は全くなく、休憩することなく再び出発。

 

このルートはあまり人気がないのか全然人がおらず。

途中に岩に木が生えているという不思議な光景を発見!!

武信白岩山

途中ひょこっと武信白岩山が見えた。

その姿は小さなジャンダルムみたいで、

埼玉のジャンダルム:二子山へ登った時を思い出した。

そこに行きたい!!と思い、向かう。

あれ?バツ印?

いけないの???

なぜかいけない様子・・・

でもあの山頂の美しさを見てしまったのもはしょうがない。

自己責任です。行きます。

ロープを潜って登ります。

登りはクライミングみたいで面白かったです。

そして山頂は甲武信ヶ岳や大山など一面できる大絶景!

調べているとここに来る人はやはりほとんどおらず。

だいたいの人が通り過ぎてしまうらしい。

絶景を感じながら少し休憩。

そして大山方面へ向かいます。

(全面的に武信白岩山へ行かせないようにしてるやん・・・笑)

大山

甲武信ヶ岳から大山までのルートは景色はあまりないですが、

アップダウンがちょいちょいありました。

それももうこの大山までくればあとは降るだけです。

ここにきてやっと鎖が登場してきました。笑

十文字小屋

そして十文字小屋へ到着!

よし!ここでバッチを買おう!!

と思ってたら、まさかの売り切れ・・・

十文字峠のバッチが余っていたので、仕方なく、十文字峠のバッチで今回は我慢・・・

またくればいいだけのこと!

小屋のおじちゃんがすごいいい人だったからまた会いに来たいし!

小屋を後にし、毛木平へ。

ここまでくれば、ひたすら緩やかな道。

途中歩荷している人に遭遇!

きっとさっきいた十文字小屋の届けるんだろうか。

ここでびっくりしたのが、歩荷していたのが、女性だったこと!!

初めて女性が歩荷しているのを見た!かっこよかったな。。。

毛気平登山口

そして駐車場まで下山してきました。

だいぶ余裕もって下山してこれました!!

さあ。これから東京へ向かって飲み会です!

余裕で間に合う!!!!

 

っと思った矢先。

土曜日の高速渋滞に少し巻き込まれ結局30分の遅刻。笑

(中目黒駅にて)

さっきまで苔や沢に囲まれてた僕が数時間後には人にまみれた東京へ。

やっぱり僕は人より苔がいいな。

 

 

今回の甲武信ヶ岳。

時間を気にしないといけない弾丸かつ強行的な登山でしたが、

周回コースで登山できて、満足!

行きの苔と沢コースには初心者の方も全然問題なく歩ける。

登山入門にはぴったりなコースだなって思いました!

 

 

また来るよ!甲武信ヶ岳!!