2018年11月27日 白馬岳 登山・山スキー(日帰り)

2018年11月27日 白馬岳 登山・山スキー(日帰り)

今年は暖冬でなかなか雪積もってもない・・・てか、そもそも降っていない・・・

それでもはやりこの時期になると、雪山に登りたい!!!

と思い、いろいろ調べたところ・・・

白馬岳か唐松岳なら!!と思い、出発!

結局唐松岳はロープウェイの時間も考えなければいけないので今回は白馬岳にしました。

 

白馬の道の駅から見てみても、積雪は期待できそう!

(さすが北アルプスだ。)

 

日帰りでいける白馬岳ということは

大雪渓を通る、猿倉からの登山道!

本来であれば、この時期は積雪もあり、通行禁止になっているはずだったが、

今年はまだ通行禁止になっておらず。

猿倉山荘まで車で行けることができました!(ラッキー)

猿倉から猿倉山荘へ向かう途中の景色

 

http://www.avis.ne.jp/cgi-usr/chouken_pkisei.cgi?cntflg=0

↑ここから交通規制情報を入手することができます。

そして猿倉山荘の駐車場に到着!

ここからの景色もすでに抜群です。

暖冬と言われながらもさすが白馬!と思ってしまいます。

 

猿倉山荘の駐車場は無料で止めることができます。

いざ出発です。

今回のコース

赤は登り

青は滑走

夏でも、冬のためにあえて重荷を持っていたせいか。

スキーを担いでも、全然重さを感じることなく、スタートできました!

 

前日に飲み会があったので、スタートがだいぶ遅めからですが、(10時スタート)

この時車は2台だけ・・・冬となると、あの大雪渓でも登山者が一気に減りますね・・・

 

白馬鑓温泉との分岐です。

ここを左にいけば、天然温泉につかることができます。

しかし、ここへはもっと雪がガンガンに降っている時にいきたいし、

その時に行こう!と約束している人がいるので、今回は行かず。

大雪渓を目指します。

猿倉山荘駐車場の脇になる登山口を通ります。

次第に車が通れるような道もなくなり、ここからようやく登山開始という感じです。

ここまでところだどころ凍ってはいましが、アイゼンやチェーンスパイクなしで全然来れます。

誰もいない、かつ最高の自然に囲まれて、幸せいっぱいです。

そして大雪渓の入り口へ到着!

4月に大雪渓に来た時には、ここらへんは完全に埋まってて、

小屋がどこだか見つけることはできませんでしたが、

今回はまだ残っていました!

ここで少し休憩します。

目の前に広がる大雪渓に惚れ惚れしながら、

(ああ。またここを滑れるのか・・・)

と感激しておりました笑

大雪渓末端に到着!

末端と言ってもまだここまで滑走できるほど雪は積もっておらず・・・

このまま先へ進みます。

次第に雪も増えて来ましたが、

まだアイゼンは必要なし。

ツボ足と3連休で登山者が入ったのか・・・

トレースがあったので、それを使って、登って行きます。

(やはり山スキー用とはいえ、スキーブーツでは歩きづらい・・・)

そして現在の大雪渓の末端に到着!

写真だと大きさがどうも伝えられないが、

めちゃくちゃでかい!!!

クレパスのようになっていて、

落ちたら?なんて考えたらひやひやします

そしてその反対には雪崩れた跡。笑

自然の猛威を感じます。

ここくらいまでがスキーで滑走できるな。

と確認しながら、登って行きました。

そしてついに大雪渓へ。

ため息がでるほど美しい。

そしてここに今いるのは自分一人だけなんて最高すぎるやないかい!!!

よし!!ここからはシールをつけて登るか!!

っと思った矢先・・・

シール持ってくることを忘れる・・・

雪山に登れることと山スキーできることに浮かれてシールを持って来るのを忘れました。笑

ま。まだツボ足で登れるし。いっか!!とアイゼンもつけずに登ります。

 

それでもところどころ凍っていたり、

積雪が少なく、岩が出ていて滑るとこも

 

ああ。ここで滑ったら、雪渓の穴に落ちるな。

なんて少しひやひやとワクワクを感じながら、進んで行きました。

 

大雪渓全体的には滑走に問題なさそうです!!

しかし、また雪渓の切れ目が出て来ました。

自然にできた造形でとても美しい。

これまた写真だとあまりわからないのですが、

めちゃくちゃでかい!!!!!

天気は快晴ですが、谷というのもあって、常に日陰・・・

それでもツボ足で身体全身で歩いているため、全然寒くない!

岩室を過ぎたあたりでようやく陽の光があたるところまで来れました。

陽が当たるともちろんですが、あったかい・・・

だけでなく、雪景色がより綺麗に見えます!!

ところどころ岩や草木が出ているので、この辺りは滑走に注意!です

避難小屋に到着!

中入れるのかな?と思ってのぞいてみたら、

ドアが雪にむけてか、閉まっていた・・・

冬では避難したくてもできないのか・・・

登山開始してから4時間が経過し、陽の光もだいぶ落ちて来て、夕日の準備をし始めました。

早く帰らなければ、真っ暗になってしまう!!!

と思い、進みます。

昼食休憩はなし!

空腹でしたが、アルフォートを数枚食べて、カロリーと糖分をチャージ!

このあたりから、風も強くなってきました。

もともと天気予報でも、15時前後から風が強くなる予報でもあったので、予想通り。

ホワイトアウトには全然程遠いので、問題なし!!

身体が冷えるといけないので、ウェアを装着!

そして頂上宿舎に到着!!

まさかの、テント!!!!!

ここで一泊できるなんて・・・

絶対に絶景やん!!!!!

羨ましかった・・・

僕は日帰りなので、先へ急ぎます。

もうここまでくればあと少し!

風がより強くなりました。

に、しても、北アルプスの稜線は美しい・・・

さすがです。

思わず立ち止まってしまいます。

白馬山荘に到着!

ここより前くらいからは岩が出て来ていたので、滑走することは難しく、

スキー板を山頂に持って言っても荷物になるだけだったので、

ここに大半の荷物をデポし、

山頂へ身軽になった僕はすいすい向かいます。

 

そして山頂へ到着!!!

登っている最中は空腹と疲労で餓えていましたが、

山頂に着いたら、そんなのすぐに忘れてしまいました。

達成感ってやつはすごいですね。

ガンガンにアドレナリンを出してしまうんですね!

それも景色があってのこともあるとは思います。

 

でも早くしないと陽がくれてしまうので、ダッシュで下山!

とりあえずスキー板をデポしている白馬山荘まで!!

 

白馬山荘に着いて、スキー板を装着したらこっちのもの!

一気に滑走して下山!!

登山中の写真をみてもわかる通り、

ところどころ岩がむき出しなので若干の滑りづらさはありますが

問題なく滑走!

今シーズン初のスキーだったのもあって、

スキーが若干下手になっていることに凹みました。。。

スキー場で身体鳴らしてから行けばよかった。。。

 

そんなこんなで下山しました!!

(下山に急ぐあまり下山の写真が皆無・・・笑)

 

 

 

今回はどうしても雪山の登山がしたくて、白馬岳へ。

さすが!白馬!さすが北アルプスと言わんばかりの雪と絶景!

それでも例年に比べたらまだまだ序の口・・・

こりゃまた来年もこないとな!!!って思いました

(次はもっと朝早くから・・・笑)

 

 

また来るよ!白馬岳!!