2019年2月24日 白馬乗鞍岳 登山・山スキー(日帰り)

2019年2月24日 白馬乗鞍岳 登山・山スキー(日帰り)

今回は念願の北アルプスでのバックカントリー。

今までは群馬・新潟近辺が多かったですが

バックカントリーに詳しい方々に連れて行ってもらいました。

2月ともなると、本来であれば、白馬村は白銀世界のはずだが

今年は暖冬だから白馬村近辺はやはりあまり積もっていなかった。

出発点(栂池高原スキー場)

今回は栂池高原スキー場の最上部からスキーシールを使って登っていきます。

リフトで最上部まで登るのですが、

だいたい片道1700円くらいだったかな?

それくらいを支払います。

リフト最上部

ゴンドラ・リフトを乗り継いでリフト最上部へ。

最上部から少し山側へ下っていくとスペースがあるので

そこでスキーシールを装着し、いざスタート!!

雪は少なく、3月下旬並の雪の量とのこと。。。

ただ、八方尾根スキー場のブログを見ると

前日はパウダーだったとの朗報があったので

その期待を胸に足を進めていきます。

白馬バックカントリーガイドのブログ

https://mainline-hakuba.com/blog/

この日は土日ともあり、しかも前日がパウダーだったなんて言うから

たくさんの人が山へ山へと進んでいきました。

(ほぼ全員バックカントリーヤー)

栂池山荘を抜けた先には北アルプスを見渡せるほどの絶景が待っています。

 

そして天狗原へ。

あとちょっと

あとちょっとで天狗原や。

天狗原から白馬乗鞍岳への山頂方面に向かうのですが、

天狗原の登りからはバーンが隠れていて、

シールでは登るのが僕の技術では難しそう。

 

なのでここでアイゼンを装着し、

いざ登ります。

こうやって写真で見ると、あまり傾斜感がないのですが、

結構な傾斜とバーンが隠れていたので、写真はなかなか取れず・・・

傾斜が落ち着いたところでやっとの一枚。笑

振り返るともう最高の景色。

この日は雲は全然なく快晴。

めちゃくちゃ日差しも強くて、結果的にかなり日に焼けた笑。

 

白馬乗鞍岳山頂

そして白馬乗鞍岳に到着。

まさかの雷鳥さんが山頂にいました!!

博物館とかで白い雷鳥は見たことあったけど、

野生の白い雷鳥はこの時初めて見られました!

しかも結構ちょこまか走っていて

「雷鳥ってこんなに早く走れるんだ。」

って思っちゃうほど。笑

 

山頂から天狗原方面へ滑走するのではなく、

日本海側へ少し進んでいきます。

 

そしてドロップポイントの近くについたら滑走にむけて腹ごしらえ。

 

今回は小滝方面へドロップイン!

(降りすぎると栂池高原スキー場に戻れなくなるので注意!)

絶景の北アルプスと日本海へいざ出陣!!

だが、ドロップ側には午前中日が当たっていなかったので

パウダーとバーンのごった返し!

「やばいいいいい!!!」

って感じで40度ほどの傾斜もより怖く見えてきた。

そしてバーンのところで引っかかりこける・・・

 

それでも自然を楽しんでいる感じがして気持ちいい。

 

最高でございます。

 

そして栂池へ戻るために斜面を少し登って天狗原方面へトラバース。

(みぎ側の沢を滑ってきました。)

 

天狗原へ戻ります。

 

 

白馬乗鞍岳を振り返ります。

たくさんの人が滑走した跡があります。

ここの沢は雪の質が良さそうだった。

(見た感じの感想だけど・・・)

 

そして天狗原から滑走。

時折バーンはあるが、ほとんどザラメに近いような感じ。

そして個人的に大好きなツリーランが始まりました。

キワキワを攻めるのが好きです。

 

ただただ足がもうすでにパンパンだった笑

 

リフト最上部へ

ここからはスキー場を滑走するのみ。

結局この日は景色は別として

ゲレンデが一番滑りやすいっていうオチ。笑

 

 

 

 

 

今まで北アルプスでのバックカントリーはした事なくて、

自分にとってはまだまだなんだろうなって

思ってた矢先、声をかけてくださって今回ついに滑走することができました。

 

しかし、さすがは北アルプス。

自分のレベルの低さも痛感。

だけど楽しい。

ぜひ来シーズン、自分をパワーアップさせてまた来たいと思いました。

 

 

 

 

 

また来るよ!白馬乗鞍岳!!!