2019年4月8-9日 白馬鑓温泉 登山(1泊2日)

2019年4月8-9日 白馬鑓温泉 登山(1泊2日)

 

今回は猿倉がオープンする前の白馬岳へ向かうすぐ途中の分岐から迎える白馬鑓温泉を目指していきます。

今回のお供は秘境の温泉大好きな先輩と一緒に。

(以前、赤岳へ一緒に行った時の写真。)

その記事↓

http://yamaasobi811.com/20180910-akadake/

テント泊がしたい!っていうのと

温泉にいきたい!っていうのが今回の目的。

そんなこといったらこの時期の白馬鑓温泉でしょ!!!

(まだ猿倉が冬季封鎖されており、鑓温泉小屋もやっていないため)

ってことで行っていました。

 

今回は諸事情により、先輩の車で向かうことに

長いこと車に揺られ(揺らせていただいて)

白馬村へやってきました。

もう東京では桜だなんだ言ってる頃に白馬はこんな景色。

(実家の近くに河川敷での桜。)

 

白馬はサイコーです。

通行止めギリギリのところまでやってきました。

この脇に少し広いスペースがあるので、

そこが冬季の駐車場。

と。いうことを知らず僕らは脇に路駐しました。

(下山した時に下にいたおじちゃんが教えてくれました。)

 

冬季通行止めのこの道は僕にとっては

シーズンと言っても過言ではない道。

ここ数年毎年、この通行止めを通り抜けて白馬岳へ目指してました。

 

だって。シーズンの白馬岳は人気で人多そうだし。

 

という理由だけ。

 

もちろんその分歩きます。

そう。今回も。。。

ひたすら車道を歩きます。

誰もいない車道は世紀末的な感じすら覚えてしまいます。笑

 

今年は4月にどか雪がたくさん降ったので、その影響で除雪もなかなか進んでいなさそう。

以前同時期にきた時には猿倉まで除雪はほぼ終わっていたのに。

それを狙ってきたのですが。。。

猿倉までの車道のおおよそ半分くらいのところまでしか除雪が進んでいなかった。

(通行止めのデメリット:情報がない。。。)

除雪していただいてる脇を通らせていただく。

4月だというのに、この日も雪が降っていて、

除雪終了地点からはノートレースかつラッセルの始まり。

めちゃくちゃ沈むわけではないけど

地味に体力と時間を持っていかれる。

ここまで雪が降っているのは予定外。。。

スノーシューを持ってこなかったことを強く後悔。。。

 

大幅に時間が遅れ、猿倉へ到着。

ここで少し休憩と計画の再構築。

本来であれば、今日中に鑓温泉まで目指すとこだったが、

どうも時間的に厳しそう。

 

ここからは標高も上がるため、雪が固まっている事があれば

ペースを取り戻す事ができるが・・・

なんてかなり考えながら。。。

でもせっかくここまできたし・・・って思いで

とりあえず行けるところまで行く事を決断。

雪よ。凍っててくれ。。。。

 

いざ。出発。

そして早速の膝まで抜けるほどのラッセル。笑

先が思いやられる。笑

薮を抜けるまでも結局ラッセル続きでツボ足。

より大幅に時間だけが遅れていく。

 

どうしよう。今戻るか。。。。

体力と時間だけが過ぎていく。

 

いや。まだ行こう。。。

 

双子尾根と杓子尾根に挟まれるカール。

(名前は知らない。笑)

一般登山道は青線だが、

このあったかくなってきている時期の降雪。

今にも、雪崩の好スポット。

登山者ホイホイの餌食になる確率はかなり高そう。

という事で僕らは赤線で進みました。

 

こんな感じでルートファインディングをちょいちょいしながらで

余計に時間を食われていく。。。

ああ。いつ引き返そう。

 

温泉入りたい一心で体を動かす。

ワカンを持ってこなかったことを強く後悔。。。

景色が幻想的すぎるのがまた心に痛い。

一体お前はこっちに来いと言ってのか。

それとも、ここまでお疲れ様。もういいよー。

って言っているのか。。。

でも、そんな事を思いながら進む。

こういう感じの時にはあまりいい予感はしない。

登山を始めた時に親に言われた

 

「親より先には死ぬな。」

 

そんな言葉が頭を過ぎると

時間はもう14時。

 

結論からいうとここでもう諦めた。

結局、小日向のコル手前で温泉を目指すことを諦めた。

決断した時の写真。

 

小日向のコルすらも超えられなかったのに

なぜか登れなかった敗北感や後悔というよりすごい清々しい感じだった。笑

時間やペース、親の言葉を過ってた物の荷が降りた感じだったのかな?

このまま猿倉まで下山しようと思えばできたけど、

せっかくテントも背負っているという事で

さっきの双子尾根と杓子尾根に挟まれるカールまで戻り、

その根元、明らかに雪崩がくる可能性が低いところでテント泊する事にした。

さっきまですごい重かった1歩が驚くほどに進む。進む 。笑

いいところはないか探しているところに

誰かがテント泊した跡を発見!

いい感じに仕上がっていて、雪崩の危険もなさそう。

かつ、景色も抜群であるため、

僕らはこれを借りる事に!

ちょっと・・・

整えるだけで・・・

この日の宿が完成!!

 

夕飯を食べ、この日は就寝。

天気予報的に深夜は一時晴れそうで

満点の星空が期待できそうだった。

 

けど・・・

微妙に雲がかかって、星は微妙・・・

 

僕らが想い描いてたのは・・・

こんな景色だったのに・・・

(フォトショップ仕様。)

 

まーこれも山ですわ。

翌朝

暖を求めて、手軽にできるカップラーメンを食べる。

この日は下るだけ。

 

自分たちのつけたトレースをなぞっていきます。

除雪は前日よりは進んでいたが、

今回の降雪でまた積もりそう・・・

そんな風に思いながら車へ到着。

前日と同じ場所とは思えないほど積もってた。笑

(前日の写真)

 

 

 

 

 

今回、目的としていた鑓温泉には入れなかったけど、

テント泊はできたし、楽しかったら良しとしよう。

ただ体力・技術・備え・精神において

かなり鍛えられた登山に今回はなりました。

また鑓温泉、この時期にきますわ。

 

 

 

 

また来るよ!白馬鑓温泉!!!