2019年5月3-5日 明神岳東陵〜主稜 アルパインクライミング(2泊3日)

2019年5月3-5日 明神岳東陵〜主稜 アルパインクライミング(2泊3日)

こんにちは。

今回は今年大イベントの一つでなるであろう。

残雪期のアルパインクライミング。

アルパイン初心クライミング初心者には憧れの明神岳東陵・主稜

 

今回は完全に連れて行ってもらう形でしたが、行ってきました!

アクセス(上高地)

天気は順調そう。

河童橋からは穂高連峰を見渡すことができます。

 

河童橋から明神館方面へ。

ここまではほぼ平行歩行。

故に散歩。笑

みたいな感じで向かっていきます。

するとついに明神岳東陵がだいぶ見えてきました

写真のようにぐーーーんと上がっていきます。

1日目はひょうたん池まで目指し、そこで一泊。

2日目以降、下から見える稜線上をぐーーーんと上がっていきます。

明神館へ到着。

ここからついにスタートです。

明神養魚場に到着。

ここで少し休憩。

今回はゆったりとした登山のため、こまめに休憩していきます。

ここの明神養魚場のベンチに猿のうんちがたくさんしてあった。笑

ケルンみたいにまっすぐ突き立っていました。笑

いざ。ひょうたん池へ。

明神養魚場からちょっと進むとすぐに雪渓。

写真ではそんなに感じないけど、

まあまあな傾斜。

そして暑い。

そして雪が溶けてきて、とても歩きにくい。

どこまでアイゼンを使わないかみんなで競い合い。笑

師匠はすぐにアイゼンつけてた。笑

歩きにくい雪でも、この明神岳の東陵の姿を見ると、とてもじゃないけどにやけてしまう。

最高や。

 

どんどん大きくなっていく明神岳はたまらない景色だった。

 

大きくなっていく明神岳に見惚れながら進んでいったことで

思いの外進んでしまったらしい。

トラバースポイント過ぎてしまった。

けど。

まあっ。ここからいけるだろうということで上がったラインからトラバース。

(こっちトラバースできるかな?って考えてる図)

宮川のコル方面へ

いざトラバースし、宮川のコル方面へ。

道中、笹のサブこぎと笹の上に雪が付いていることで

めちゃくちゃ歩きにくい。

笹で滑るし、踏み抜きもめちゃくちゃする。

(なんとかトラバースできた図)

そしてついに宮川のコルへ。

雪崩、落石のスポットであり、道中も見えるところで小さな雪崩があった。

大きな雪崩の音もあったが、ここではなかった。

気を引き締めないといけないポイント。

慎重に上部を確認しながら登っていきます。

随時、どのラインで上がるかーーー。

なんて慎重に話し合い。

少しずつ進んで、雪のつき方などを確認していきます。

それでも景色は抜群。

僕ら以外にパーティは誰1組もいなかった。

完全に明神岳を貸切。(ゴールデンウィークなのに)

最高。

 

途中からトレース作りの訓練もかねて自分が先頭に。

 

「やさしくないなーーー」

「幅が広いなーーー」

 

なんてことを後ろからたくさん言われながら進む。笑

 

まだまだ修行が必要や。。。

ひょうたん池

そしてひょうたん池到着。

もちろんこの時期ではひょうたん池の存在はなく、

完全に雪の中。

安定したいいところ見つけ、テント設営。

明日進む東陵の姿は最高に美しい。

ほんと人ってちっぽけだ。

 

テントの設営し、ゆっくりしたら

やることは1つ!!!

酒!宴じゃ!!(ウイスキー雪割)

 

最高の景色と最高な仲間との飲む酒で最高な夜だった。

2日目

雲ひとつなく最高な朝を迎える。

かなり酒は飲んだけど二日酔いはなく最高なコンディション。

北アルプスのモルゲンロートが僕たちを迎え入れてくれるます。

雪解けが怖いので早めに出発。

完全に岩と雪のミックス。

最高なアルパインクライミング。

振り返ると下から明神館を見えるほどの高度感。

傾斜も厳しくなってきており、鼓動は高鳴りまくり。

テンションがんがん上がります。

ラクダのコル

ラクダのコルまできました。

ここまで来ると陽はガンガンに照りつけているため、

かなり暑くて、雪も溶けてきてる。

ラクダのコルにつく前からずぼずぼと埋まっていました。

残雪期の重たい雪は疲れるなーー

バッドレス

バッドレス前に少し休憩。

バッドレスは超高度感抜群で、ひやひやしながら上りました。

フィックスも置いてあるので、ぼくはそれを少し使わせてもらながら、

ピッケルを岩にひっかけて登っていきました。

3000m級の高度感と15キロ近い荷物を持ちながらはクライミングは

めっちゃ怖かったけど、最高に楽しかった。

山頂

そして最高な仲間たちを無事に明神岳山頂へ。

山頂には僕ら以外誰一人といなく

完全に貸切。

ほんと語彙力なさすぎるけど、

最高以外に言葉が出てこない。

しかも写真なんかじゃ伝わるようなものじゃない。

自分の目で、自分の脳内にこの景色を焼き付けた事は

人生の中でも最高な経験だった(大げさ?笑)

 

 

そして山頂で絶景とここまできた苦労を堪能し、

岳沢小屋へ下山。

 

時間的にもだいぶ余裕はありましたが、

ここでの宴会するのも楽しみのひとつ。

 

1日目に比べ、荷も降り、べろべろに酔っ払った2日目でした。

 

 

 

 

今回の明神岳は山岳会に僕が入った事で

やりたい山。やりたい上り方を堪能できた山行でした。

こういうことをもっとやりたい。

いろんなところにいきたい。

って素直に思えるそんな登山でした。

 

 

また来るよ!明神岳!!!