2017年4月2日 乗鞍岳 登山(前夜泊)

2017年4月2日 乗鞍岳 登山(前夜泊)

仕事の休みと天候がなかなかマッチングできず1ヶ月ほど登山できていませんでした。

昨年の12月に雪山デビューしてからいつかは北アルプスに行きたいとう思いがずっとありました。

いろいろ調べていると乗鞍岳はどうやらいけそうかと思い、天気も晴れでいざ決行!

東京都心部から首都高速→松本ICまでおおよそ3時間半くらいで到着。

調べたところ日帰りで登るのであれば、朝6時半〜7時くらいから登っている人が多い。

自分はまだまだ初心者だし、ゆっくりかけて登りたい人なので6時半開始予定!

ということで東京を22時ごろ出発し、目的地の休憩村乗鞍高原の駐車場で車中泊することに・・・

途中乗鞍スカイラインが真っ暗すぎて不安になりましたが、2時半くらいに到着・・

スキー場の明かりもあったけど、満天の星空!

もっとちゃんと設定すれば星は取れた感じするけど、はやく明日に備えないといけないので、就寝。。。

6時起床

準備やらなんやらでなんだかんだ出発は7時になりいざ出陣。

この時間ではMt乗鞍スキー場のリフトもやってないのでスキー場を歩くことにー!

この頃は晴れてたし、照り返しもあったので気にならなかったけど、

朝は-8度だったらしい。やっぱり雪山登山初めてからか、

「なんか寒さに強くなった?笑」

 まだまだパウダーのスキー場に「さすが長野!さすが松本!」と感激!!

一応圧雪もされているし、ということでアイゼンを装着!

スノボーで何回もくだったことはあるけど、スキー場を歩いて登るのは、

帽子がとれてしまって引き戻る時くらいか・・・

なかなか斜面は急で照り返しもすごい・・・

汗だくになりました。。。

山頂付近まで登った時に気ついたけど、個人的にこの出だしのスキー場が一番辛かったな。

奥の方に見える4人組の集団がいるあたりから先が酷だった笑

 それでも振り返ると綺麗な山々+雪が疲れを癒してくれます。

リフト最終部よりもまだ登り

登山届けでも、印した肩の小屋・位ヶ原山荘分岐部に到着したのは9時ごろ

文句のない快晴がずっと続いてました。暑い・・・笑

ここで少し休憩し、いざ出発。

Mt乗鞍スキー場はバックカントリーでも名所なのもあり、道中トレースしっかりしてありました!

この上り坂を終えると、剣ヶ峰・朝日岳などがどーんと向かってきます!

 森林限界も近づき、青と白しかない世界。これがたまらん!!

ただ距離は長く、進んでも進んでも肩の小屋が近くならない。。笑

細々と立ち止まる程度の休憩を挟みながらペースを崩さず登って行きました。

山岳公園の看板が見えたところでしっかりと休憩・・・

この頃にはもう森林限界を超えてたかな?

また、テントの看板の裏にはテント泊した後がー!

この快晴の中で周りになにもない空なんてどんなに綺麗なんどろうと想像しつつの休憩。

いつかは雪山でもテント泊してみたいけど、昨年12月に雪山デビューしたばかりの自分は「お前はまだまだ。まずは登ることから」と言い聞かせていたので、ぜひ来シーズン。。。やろう

そして剣ヶ峰・朝日岳に見下され、にやにやしながら登山再開。

みんながつけてくださったトレースに感謝しつつ、足跡の上に足跡をつける作業の繰り返し。

ここはアイゼンでも登れるし、スノーシューでも可。

自分もスノーシューは持ってきていたが、ATLASのでかさばるのも嫌だったので車の中において行きました。

の小屋に到着

↑剣ヶ峰方面

なんか前の人たち(4人組)、後ろの人(1人)とほぼほぼペースが一緒で歩いているところだけ見るとなんか一緒に登山してるみたいだった。

 ↑朝日岳方面

「おー!小屋か。。。ん?あれ?え!?天文台?」

なの?笑

本当に天文台なら、最高の立地!!!

いつか行ってみたい・・・

なんて思いつつ少し休憩を挟み、再度出発。

急な斜面を小股小股でゆっくり前進!

ここでもまだまだパウダーなのでピッケルは使わずストック+アイゼンで決行!

山頂付近の景色はやっぱり別格!最高!

振り返ると、穂高方面の上にかわいい丸い雲が・・・笑

そしてやっぱりあのドームは天文台だよな?

 ↑剣ヶ峰方面

空と雪。これも最高。にやにやがとまらない。

 ↑こういう景色も、雪山ならではの風景。たまらん。。。。

というのに満足しつつ登りきると

蚕玉岳に到着!

思わず吸い込まれそうになる。思わず吸い込まれたくなるほど白い。。。

 ここまでくるとまた景色が変わって良い!!

山頂とそこにある鳥居も見えてもう一踏ん張り!!

と。自分に言い聞かせて前進!!

 エビの尻尾も美しい。。。

疲れたらまた振り返り山々に癒してもらう。笑

そしてついに

山頂到着!

ついに初めて雪山で3000メートル超え!

圧巻!圧巻!圧巻!

鳥居から覗く、穂高たちや

反対は御嶽山!

御嶽山はあの災害があったとは思えないほど、白く綺麗に眠っているみたいだった。

いつか行ってみたい。。。

山頂で写真撮ってもらいました。にやり

山頂で45分くらいお昼休憩と景色に圧倒されながら体を休める。。。

今回の山頂飯はシーフードのカップラーメンと昆布おにぎりという手抜きだったので割愛。笑

(冬の北アルプスにいけることに浮かれてて前日にご飯のことを考えてなかった笑)

そして下山。

ここでまた、やっちまったことが。。。

下りの時の「おしり」を買うの忘れてしまった。

 ↑これ・・・

下りは肩の小屋のほうには行かず。

尾根を下って行きます。

しかしここでもまだまだパウダーなので、

あの「おしり」がなくても自分の「お尻」でも全然滑れた!笑

滑ったは滑ったけど側から見ると滑落してるみたいなのかと思った笑

「おしり」ほどスムーズにはいかないのかもしれないけど、

圧倒的に早く下山できた。

 (白銀世界に足跡しかない。にやにや)

(あの山から滑って落ちてきたのか。笑)

リフト最上部に到着することにはスキー・スノボーしている人たちで賑わってました!

その横を邪魔にならないように下山。

休憩村にある日帰り温泉で汗を流し、疲れを休憩村を後にしました。

初の雪山3000メートル超え。

初の雪山北アルプス。

最高でしかない。

帰りの八ヶ岳SAでうん時間も爆睡こきました。笑

〜番外編〜

長野は日本一売れている県民手帳 ということで松本市内で取り扱っている本屋さんいってみたけど、どれでも売り切れ。。amazonにはあるだろう。と思ったが。浅はかだった。

長野県民手帳おそるべし。。。

いつか手に入れてやる。

■登山届け

 ■参考図書

厳選 雪山登山ルート集 登山者必携のオールカラー最新ガイド集(八ヶ岳、日本アルプス、北海道から九州まで日本を代表する初・中級ルート50本満載)

山と高原地図 乗鞍高原 2017 (登山地図 | マップル)

北アルプスカテゴリの最新記事